トピックス・イン・2001年

2月某日、青木絵画修復工房にて俳優竹野内豊さんが絵画修復の短期研修を行いました。

7月10日より15日まで、青木絵画修復工房と横浜絵画修復教室が主催して、横浜市大倉山記念館ギャラリーにて
絵画修復展を開催しました。

生活欄に「絵画修復に女性ら注目」というタイトルで大きく取り上げられました。

横浜版に「よみがえれ絵画。修復過程と技法を紹介」と題して絵画修復展が紹介されました。

「伝統の技をたずねて」のシリーズの9月号分に、「イタリアで培われ横浜で花開く伝統技巧」と題して
4ページにわたって修復家青木享起の人物像と絵画修復技法が紹介されました。

アート・スクランブル欄に横浜絵画修復教室と修復家青木享起の紹介記事が載せられました。

よこはま瓦版に「絵画”治す医者”」と題して修復家青木享起の人物像と修復の大切さおよび横浜絵画修復教室の紹介がありました。

午後6時のニュースの中で修復家青木享起の人生観と絵画修復に対する取り組みに付いて紹介されました。

番組「JOHO! 横浜亭」の中で、横浜絵画修復教室の様子が取り上げられ、実際にリポーターが青木絵画修復工房で修復の一端を体験した。

2名の研修生が工房で実地研修を始めました。
同時に横浜絵画修復教室に2名の助手が加わり実習効果の向上を計っています。

修復家を演じる竹内豊さんが青木絵画修復工房で研修した成果を見てみましょう。