トピックス・イン・2004年

恒例の絵画修復研修を10月25日から2週間、フィレンツェの工房で行ないました。
参加人員 5名
同時にオークションハウスの見学とイタリア最大の骨董市に出かけました。

「美術修復とはどんなものなのか」を知っていただく一週間
修復作業を誰でも見学できます

期間 4/29−5/5の1週間

BANKART1929/馬車道 スタジオ2

1. 誰でも参加出来る「1日体験教室」
5月3日 11時-18時 「自分でフレームに金箔を貼る」
5月5日 11時-18時 「絵画(練習用)の欠損部を修復する」
参加費 一日3000円 (作品はお持ち帰り下さい)

2. 誰でも参加出来る「ギャラリートーク」 
5月1日 14時から 「東洋絵画の修復と表装の関係」修復家/中塚裕之
5月2日 14時から 「横浜の洋画(大正ー昭和初期)川村信雄の周辺から」市民ギャラリー学芸員/内山淳子
参加費 無料

3. 絵画修復研修
期間 4/29−5/5の1週間
時間 11:00−18:00
費用 一日5000円、全コースの方は30000円
研修内容 「イタリア古典絵画」の修復を行う。
4/29 写真撮影技法/保存状態の調査
4/30 修復計画/クリーニング/表打ち
5/1  裏面処理/変形修正/合成樹脂の含浸
5/2  裏打ち用キャンバスの準備/合成樹脂の含浸
5/3  美的修復演習
5/4  裏打ち/表打ち除去
5/5  木枠に張り戻し/クリーニング 
(作業の進行状況により若干変更する場合もあります。)

「絵画修復家は医者と同じ。その真意を青木享起氏に伺いました。」と題して。